望む自分になる美容医療

注射器

生活を変えない美容整形

ダイエットによって脂肪を落として痩せる事は、細身になる為には必須になります。しかしダイエットしても顔が大きく見えてしまう場合、原因は脂肪ではなくエラの張りによる可能性があります。咬筋が発達している事でエラが張った様に見える場合は、ボトックス治療が有効です。部分痩せを行う事は難しく、基本的にその部位の筋肉を鍛える事で引き締める方法が一般的です。しかし咬筋が発達しているとは、筋肉が付いている状態を言います。筋肉を鍛えても、逆にそれが顔が大きく見えてしまう要因になってしまいます。脂肪とは違い筋肉を落とす事は難しく、食事で必ず使用する筋肉なのでなおさらです。ボトックスは筋肉の過剰な緊張を緩和し、休ませる事で使用を抑えられた筋肉をスリムにする作用があります。ボトックス治療は必ずしも誰にでも有効な治療法ではありません。メカニズムは筋肉の緊張を緩和する事なので、原因が骨格や脂肪の場合は効果が薄いです。自身の原因にあった治療法が必ずあるので、ボトックスに拘らず医師と検討していく事が重要です。美容医療を受けるとダウンタイムという治療後から元に戻るまでの時間があります。その間は腫れや赤みがあるので、エラの場合は服で隠せないのでマスクをしたりしますが、顔の治療を受けた場合は人前に出難いと美容医療を控える方は多いです。しかしボトックス治療はダウンタイムがほとんどない治療法です。ボトックス治療は注射するだけの治療であり、メスで切開する事はありません。注射針も細く、注入する薬剤も副作用がないので腫れたり赤みが現れたりする事は少ない治療法です。また、施術後から血流を良くするマッサージやサウナ、飲酒等を避ける以外は普段通り生活する事がすぐにできます。ボトックス治療はダウンタイムが短いので、普段人と会う機会が多い社会人や学生にも適しています。施術後に会社や学校を休む必要なく、マスクも必要なく通う事ができます。ボトックス治療の効果はすぐに現れず、徐々にゆっくりと現れます。その為、美容医療を受けた事は周囲にわかる事はないので、人前にでる事も躊躇する必要はありません。普段通り気にする事無く生活が送れるのに、効果はしっかりありエラの張りをなくして小顔を得られる治療方法です。