気になる部分をカバーする

医者

エラが気になっているのであれば、ボトックスを注射するとよいでしょう。そうすることによってある程度顔の輪郭を変えることができます。クリニックでも使用をしているボトックスに色々な種類があるのでチェックをしておくとよいでしょう。

詳しく見る

様々な効果を期待できる

注射器

ボトックスはアンチエイジングのためだけではなく、エラ取りにも適している美容整形です。また、費用もリーズナブルになってきています。比較的、誰でも気軽に受けられる美容整形の一つとして人気が高まってきています。

詳しく見る

小顔もシワ取りも

カウンセリング

周りに気付かれにくく短時間で済むボトックス注射は、エラで悩んでいる人が手軽に受けられる治療法です。施術のたびに自分がよく相談できる先生を選び、かけられる予算によってボトックスの種類を決めるようにしましょう。

詳しく見る

受ける前と後のための知識

鏡を見る女性

エラへのボトックス注射は受ける前に自分の長期的なスケジュールを把握し、現金かクレジットカードを用意してカウンセリングを2、3カ所受けるようにします。術後のケアでは体温が上がるような場所や行動を避けることが大切です。

詳しく見る

望む自分になる美容医療

注射器

ボトックス治療は筋肉が原因でエラが張った様に見える場合効果的です。しかし骨格や脂肪もエラの張りの要因になるので、その場合はボトックス治療は最適とは言えません。もし該当する場合、治療後のダウンタイムを気にする事無く普段通り生活できます。

詳しく見る

歯周病でお悩みの人にも

顔に触れる女性

その特徴が予防に有効

おしゃれをもっと楽しめるほか、自分にも自信が持てることから、ボトックス治療でエラの悩みを解決される方が増えています。この整形施術ではエラを厚くしている咀嚼肉を小さくするため、筋肉由来のエラ顔を小顔にするのが目的です。美容整形では切るタイプの小顔施術もありますが、ボトックス治療なら切開せずに済むので、切らずに顔を小さくしたい時に活用できます。また、この美容施術は小顔目的のほか、歯周病の予防や、その進行を遅らせたい時にも活用できるのです。この治療は噛む力を抑えて小顔にしますから、歯ぎしりが原因で歯周病を悪化させている人なら特に良い働きを期待できます。歯ぎしりは歯や顎に負担を掛けるだけでなく、加圧によって歯茎もダメージを受けるのが一般的です。歯周病で傷んでいる歯茎へ過度な力が加われば、炎症状態が一層ひどくなるので、歯ぎしりをしない人に比べて進行スピードが早くなります。ですが、エラをボトックスで治療すれば咀嚼筋の力が弱まるため、歯肉の炎症が重症化するのを防げる訳です。切らなくて良いのはもちろん、ボトックス注射は採血用とは比較にならない細い注射針を使うのが特徴です。針が細いのでエラへ刺す時の痛みは感じにくく、注射が苦手な人でも受けやすくなっています。さらに表面麻酔をしてくれる美容整形外科なら、刺入時の痛みはほとんど考慮する必要はないでしょう。そして、この小顔治療が歯周病に良い理由として、歯槽骨へのダメージも減らせる点を挙げられます。歯は歯茎のほか歯槽骨でも支えられており、歯ぎしりによってこの部分が破壊されれば、シッカリと歯を支えることができません。結果的に歯を失う直接的な原因になりますから、歯周病治療では必要に応じてマウスピースを用いてこれを防ぎます。ところが、ボトックスのエラ注射ならマウスピースを使わなくても、歯槽骨へのダメージをやわらげられるのが特色です。また、歯ぎしりは寝ている時に多い一方で、起きている時もストレスを感じれば、無意識にやってしまう人が少なくありません。そんな際もボトックス治療なら、神経レベルで歯ぎしりの力を緩めるという特徴から、歯の土台の損傷を効果的に防いでくれます。